顔をこすって刺激を与えないように用心する

30代後半になり、近ごろ頬とかの「しみ」が少しづつ増えてきて、現状のままでは際立ってしまいそうな気がして近ごろ、気になっています。

情報番組で、「顔のシミ」は日々のスキンケアの時などに力を入れてこすっちゃうからみたいだと分かって、顔に刺激を与えないように用心しています。

刺激を与えるだけじゃなくて、デリケート肌だと顔にかかる髪の刺激だけでも「シミ」の原因になるみたい。

そんな髪の毛を退けようする手先さえもダメみたいですよ。

この様な事でもなの?と、若干慌ててしまった私。

そういうことなので、顔への刺激は出来るだけ控えるように、洗顔時は石鹸をたっぷりホイップしてから肌に乗せて摩擦に気を付けながら顔洗いをしています。

メイクおとしも擦って落とすようなタイプのものを用いるのはやめました。

もちろんお化粧時にも注意がいるそうです。

例を挙げると頬のお化粧とか利き手がわのほうが、勝手により多くのチカラを使ってるようなので、注意して力をゆるめてメイクアップするように努めています。

美容関係で神経を使っているのは、やはり野菜中心の食事と良質な睡眠です。

やはり野菜中心の食事としっかりとした睡眠は、肌荒れしない為には重要なことなのです。

わたしの中では、「美容」イコール「肌状態」というような方向性なので、本当に美肌の保持は美しい容姿作りの為には大事な事となります。

また、肌トラブルのない肌を目指す上で、どれ程バカみたいに高い化粧水や乳液を使用しても余り報われないのです。

お野菜&快眠が不足しているとしたらです。

どんなにすごい美容液などでお手入れしても、野菜の摂取量が少ないとお肌はすぐに汚くなっちゃいますからね。

ちょっと1日ぐらい唐揚げなんかを多く食してしまい、そして野菜を食べなかっただけなのに、一日経ったら「にきび」がぷっくらしていることもあります。

あと、睡眠不足ですと、カサカサ肌になっているなんてこともしばしば。

寝ていないと本当に素肌のうち側から乾ききっていくように思えます。

なので、結果的に美容のためにはお野菜&快眠が切り離せないと常日頃から感じるのです。

寝不足が影響して肌荒れになったことのある人は多いと思います。

私もすごく慌ただしい職場で残業続きだったころは、肌が荒れてばかりいました。

よく聞かれるように肌再生は睡眠中に行われると言われていますが、その通りです。

睡眠時間とお肌のコンディションは関係しているような気がします。

それで、近頃はとにかくたっぷりと睡眠をとるように心がけています。

最近になって気が付いたのは、風呂で湯ぶねに浸からなかった時と湯船に浸かったときの寝付きが変わるということ。

やはり湯船に浸かることで体がポカポカして、その温もりが徐々に冷めていくことで眠りに付きやすくなるのでしょうか。

また、寝ているときの室温に注意するということですね。

特に夏の間はクーラーの温度を下げ過ぎてしまうと体が冷たくなって、夜中に起きてしまうので気をつけるようにしています。

とは言えエアコンをタイマーにしてしまうと夜中に暑さで起きてしまうのです…意外と思うようにいかないものです。

でもこの先もずっと質の良い眠りをする為にできることはやろうと思います!