潤いのある肌にするためには保湿が大切

きれいな肌で思い付くのは、しっとりとした肌ですね。

潤いのある肌にするためには保湿が大切です。

いつも朝晩に顔を洗っていると思いますが、洗顔をしたら必ずローションや美容液をつけますよね。

ただつけるのではなく、肌に染み込ませるために手で顔を覆うようにしてつけると保湿効果が上がると思います。

私が行っているスキンケアは、保湿に効果のある洗顔美容液でのお手入れです。

朝の洗顔の際に肌に染み込ませようとくるくる回してマッサージをします。

そのあとぬるま湯で落として水滴を拭きます。

洗顔美容液で洗うと普段より保湿力があって肌は乾燥してません。

美容液ということで泡が立つとか、汚れがよく落ちるものではないのですが、肌が乾燥しがちだと思う朝や、顔色が悪いと感じる時に使うと保湿がされて健康的な肌になります。

何時も使っている美容液をつけただけの時とはちょっと違うと思います。

肌のお手入れをするのに保湿する事は重要です。

カサカサの肌でいるよりも潤いのあるつやつやの肌の方が見た目にもキレイだと思われるはずです。

私自身は長期間オイルのクレンジングを使ってメイクを落としていましたが、ちょっとしたことがありオイルタイプのクレンジングをやめました。

それは、私自身が乾燥肌だからです。

乾燥肌がひどく、エステに通うようになったのですが、エステで担当の方からクレンジングオイルの使用をすぐにやめるよう注意されました。

クレンジングオイルには、からだにとって大事な油分も洗い流すようなのです。

だから、肌が乾燥してしまい化粧のノリが悪くなるそうです。

サロンで売っている高額な物じゃなく、スーパーなどで購入できる安価なクレンジングジェルで問題はないと聞いたので、それを使ってみました。

そうすると、化粧水の染み込み方や、お化粧のノリが、以前とまったく違うのです。

もっとローションを浸透させようと思って、電子レンジであたためています。

これに関してもスーパーで購入できる安いローションで、2~3回重ねて塗ります。

金額的に安い物なので、ケチることもなく使えるのでお肌に潤いが戻り良い感じになってきました。

美肌術として大切なのが、適切な乾燥防止ケアを手抜きせず持続させていくという事です。

先ずは美容化粧水で肌に潤いを与えます。

そして、美容エッセンス等で目的に合わせた保湿ケアをしていきます。

ライン使用で目標を定めてお手入れしていくのもいいですし、◯◯対策用みたいな集中美容液をシーズンに合わせて使用してもいいですよね。

具体例としては、冬場などは潤い成分が多いがっつり潤う美容液オイル。

暑い時期なら、美白美容液などといったように、季節的なお肌の悩みを保湿対策につけ足してお手入れしてあげる感じです。

そして最後はフェイスクリームやモイスチュアミルク。

これはつける時の肌状態によって軽めの美容乳液を利用するか、濃厚なクリームタイプをつけるか、決めるといいとおもいます。

また、美容乳液などは先につけた化粧水、美容液の「水分」をキープして、カバーリングする為に使うので分厚く塗らないことが大事です。

軽く満遍なく伸ばすように使用量を調節して下さいね。

自分の自己治癒能力が下がってしまうので過剰な保湿ケアはしないほうがいいでしょう。

関連記事:ミケンディープパッチを安く買える販売店!お試し通販なら眉間専用の刺す化粧品が30日分
URL:https://www.uniqueweddings-events.com/